山内利一 やまうちりいち
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PROFILE
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
山内利一 やまうちりいち

リイチのイロハ2

日頃のタワゴトを気が向いた時に気が向いた分だけ
<< 盛り沢山な1週間 | main | 気が付けば5月も約半分 >>
師匠の還暦パーティー
高3の11月に京都芸大の打楽器の先生(山本 毅先生)に初めてのレッスンを受けました。
鳥取の田舎から。
「浪人覚悟でね」の一言を言われました。
4分音符から8連譜までをやれと言われ、16分以上速い連符をやった事の無い田舎人には何がなんだかわからず。

まぁ、まぐれで京都芸大に入ったんですが…
大学卒業したら鳥取に戻って音楽の先生になるつもりでした。が、演奏家になるであろうと何と無くその時に感じました。
バッハもモーツァルトもベートーヴェンも区別も付かなく、ジャズやラテンが好きな小僧が音大に入り、わけわからん洗礼を受けた一回生。無知である事をとても恥ずかしく感じた1年でした。

その大学の先生(当時36歳だったような)が還暦を迎えたんです。

とても素敵な会でした。
大学卒業してから会えなかった先輩、めちゃくちゃ久しぶりに会った後輩達。
同窓会のようでした。
と言うか、同窓会でした。


本当に幸せな時間でした。

山本先生、是非とも120歳まで長生きしてください。
| ヒトリゴト | 23:30 | comments(0) |