山内利一 やまうちりいち
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
山内利一 やまうちりいち

リイチのイロハ2

日頃のタワゴトを気が向いた時に気が向いた分だけ
師匠からの頂き物
先日、長唄囃子の師匠のお稽古に伺った時、「山内君、これ使うか?」とゴソゴソと出して来られました。





締め太鼓の革のケースとジュラルミンの鼓ケースを頂きました。
ちょうど欲しくてケースを買おうと考えていたところでした。
締め太鼓のケースは本革でえぇ味が出てました。鼓のケースは大小(大皷、小鼓)が入るケースです。
先生の名前が直筆で書いてありました。
ジュラルミンのケースのポケットから大皷の指サックも出て来ました。ラッキーです(笑)

有難いです。ほんまに。
いつまでも大事に使います。
| オトノイロ | 17:33 | comments(0) |
5月終了です
電車で移動中ですが、後ろから小学生に書き込んでいるのを見られてると強く感じてます(笑)

明日から6月。5月もあちこち行きました。移動が楽にできればといつも思います。
ドラえもんが欲しい。ドラえもんの4次元ポケットだけで良いから欲しい。
簡単に目的地まで行けて、大きな荷物も小さくして、暗記パンでどんな曲でも覚えて、、、、

絶対に叶わない空想ですな。



全く違う内容の本番が3つ続きました。
最近どこに行っても「お疲れですか?」と言われます。
そんなに疲れた顔してるんかなぁ。

元気出して行こっ
| オトノイロ | 16:23 | comments(0) |
気が付けば5月も約半分
アッと言う間に過ぎてしまった4月。そして気が付けば5月も半ばになってしまってましたわ。

4月29日にラ・フォル・ジュルネinびわ湖にNAZNAで参加させてもらいました。
「0歳児からのコンサート」という事もあり、赤ちゃんからお年寄りまで沢山の方々が来てくださいました。
民謡歌手の塚田陵子さん、和太鼓奏者の岡本綾香さんにもサポートしてもらい楽しい時間を過ごす事ができました。

5月2日から青森県弘前市に行ってました。
桜がとても綺麗な時期でした。もう少し遅れてたら全部散っていたかもしれないという絶妙なタイミングでした。


岩木山もとても立派で、ずっと見てても飽きない山でした。
弘前城のお堀は桜の花びらが浮いていてとても綺麗でした。

また弘前に行きたくなりましたね。
弘前だけではなく青森全体をゆっくり廻ってみたいなと思いました。

次はいつ行けるんでしょうかねぇ〜
| オトノイロ | 09:46 | comments(0) |
盛り沢山な1週間
先週1週間はあれこれと本番があり楽しかったです。反省点は沢山ありますが。

3/20 大阪ヒルトンプラザホテルのロビーでピアニストの榊原明子さんとのデュオでした。
ほぼ即興に近い感じでした。今まで経験した事の無いような新しい感覚でした。



3/21 USENのレコーディングでした。
今回も面白い(興味ある)曲を演奏させてもらいました。
そして今回も濃いメンバーでした(笑)
蛇を首に巻いているように見えますが蛇ではありません。



3/24 世界的マリンバ奏者『安倍圭子』さんのコンサートに打楽器として参加させてもらいました。
「マリンバスピリチュアル」「タンブランパラフレーズ」の2曲に参加。
「マリンバスピリチュアル」は楽譜が存在するのですが「タンブランパラフレーズ」は楽譜が無くアドリブで参加。
何度もマリンバの譜面を見て、毎日一度はYouTubeを見て何をどう入れたら良いのか悩みました。今後自分はどの方向に向かって行くのか改めて考えさせられました。



高鍋氏との鼓対決


3/25 NAZNA 4周年LIVE
NAZNAを結成して4年も経つんですねぇ。初めは「りいち と まさる」と言うユニット名が勝手に決まってました(笑)
来年は5周年ですね。節目なのでオモロい事をやってみたいですね。



バタバタ動きまくっていた1週間でした。面白かったです。
初めてお会いした方も沢山。
体力的にキツかったです。歳ですね。
も少し楽に動けるように考えなダメですね。
| オトノイロ | 16:26 | comments(0) |
音を出すこと
前回のブログ投稿が昨年の8月とは信じられん(笑)そんなにも放置してたのかと思うと笑える。


一昨日の火曜日、とある和太鼓奏者とリハーサルでした。この方は僕が今までで観て来た和太鼓奏者の中で唯一大太鼓でグルーヴが出る人だと思います。現時点では名前は出せませんが勘が良い人は気付くでしょうね。
音を出す事について色々と仰ってました。とても共感できる事ばかり。考えてる事が殆ど同じだったり(と厚かましく感じてます(笑))、勢いと音量とパワーだけの演奏(ほぼ同じ?)ではなく、音楽をされてます。

「お前の指示は細かいねんっ」
て言われた事も何度もありますが、やっぱりこだわろうと思いました。決めました。
僕は約20年前から和太鼓で音楽がやりたいとずっと思ってた。
本人には言ってませんがとても心強かったです。




昨日は昼間にピアノと鼓、締め太鼓(ほぼ即興)、夜は「マリンバスピリチュアル」の打楽器パートだけのリハーサルでした。
一緒にリハーサルした方々は素晴らしい先輩音楽家。
やっぱりどの方も音を出す事に真面目に真正面から向き合い、そして楽しんでおられました。
腕が、指が速く動くテクニックは必要だとは思うけど、その前に色んな音色、音のスピード、余韻を身に付ける方が大事だと。
またまた勝手に1人で納得してました。

先週の土曜日もリハーサルでした。
とあるレコーディングの。
同じ「邦楽」という括りですが、それぞれ違う分野で活動されてる大先輩に混ぜてもらいました。
やっぱり、分野は違うけど音を出す作業は一緒だと感じました。


その場に相応しい音を出したい=良い音楽を作りたい

ご一緒させてもらった方々は共通してるとまたまた勝手に感じてました。


僕も早く先輩方の域に辿り着きたいですね。
きっと追い付けないほど先を走って行かはりそうです。
| オトノイロ | 09:46 | comments(0) |